医療法人社団善衆会
善衆会病院
TEL 027-261-5410
〒379-2115 群馬県前橋市笂井町54番地1

薬剤科のご案内

現在、薬剤科は薬剤師4名、調剤助手2名で構成されています。当院は、外来患者さんに対しては調剤薬局で薬を受け取る院外処方箋を発行しており、薬剤科では入院患者さんを対象とした業務を行っています。入院患者さんの内服薬・注射薬の調剤、院内製剤の調製などの薬剤科の重要な基本業務は薬剤師3名、調剤助手2名で、服薬指導業務については専任の薬剤師1名で行っています。以下に主な薬剤科の業務を紹介致します。

服薬説明(薬剤管理指導業務)

当院では、病棟専任の薬剤師1名が直接患者さんの病室へ出向き、患者さんのベッドサイドにて処方された薬について説明を行っています(現在は泌尿器科のみ)。薬品名・薬効・服用方法・薬による副作用・注意事項等について説明し、患者さんからの質問にもお答えしています。他院からもらった薬についても同様で、当院で処方された薬と重複していないか、相互作用(飲み合わせによる副作用)はないかなどをチェックし、患者さんの薬に対する不安や疑問点などを解消し、安心して薬を服用して頂ける様心掛けています。又、それにより患者さんが積極的に薬物療法に参加して頂ける様お手伝いをしています。又、処方された薬の効果や過敏症などの副作用がないかを確認するため、定期的に患者さんのもとに伺います。患者さんから得られた治療上の必要な情報は、医師・看護師に確実にフィードバックすることで、共に薬物療法を推進しています。又、患者さんの状況を常に医師・看護師と共有出来る様、医師の回診への同行、カンファレンス(検討会)への参加等を行っています。

注射薬調剤

注射処方箋が発行されると、内服薬・外用薬と同様に処方内容の監査を行います。そして、患者さん名・薬品名・投与量・投与経路・薬剤によっては点滴速度・点滴時間等必要な情報をラベルに記載、それぞれの薬剤に貼付し、患者さん個人別にセットします。その後、別の薬剤師が正しくセットされたかどうかを監査し、毎日1日分ずつ病棟へ払い出しています。患者さんの容体により、注射薬の変更・追加・中止等があった場合には、必要に応じて当日分・翌日分を新たにセットし直して供給しています。薬剤使用直前には、看護師サイドでも再度確認を行い、最終的に患者さんに投与される事となります。

調剤業務

当院では、労災患者さん・夜間透析の患者さんを除き、基本的に外来患者さんに対しては院外の調剤薬局で薬を受け取る院外処方箋を発行しています。処方された薬に関しては、調剤薬局の薬剤師が説明してくれることになっています。そのため、当薬局では入院患者さんを中心に業務を行っています。入院患者さんに処方箋が発行されますと、投与方法・投与量・投与日数・相互作用(他の医薬品との飲み合わせによる副作用)などのチェックをし、疑問点がある場合は医師に問い合わせをします。疑問点が解消されれば、指示通りに調剤します。そして、調剤された薬が正しく調剤されたかどうかを別の薬剤師が監査します。薬の種類が多い場合やお年寄りの場合には、飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため、1回服用分ずつ分包(一包化)してお出ししています。又、他院でもらった薬についても種類が多いなどの場合には同様に分包を行っています。散剤の調剤の際には、処方箋に記載された薬品名・投与量を2名以上の薬剤師で確認した上で調剤しています。外用薬の混合、小分けが必要な薬剤についても同様です。正確に調剤を行い、十分な監査体制をとって、患者さんに安心・安全に服用して頂けるよう最大限努力しております。

医薬情報管理

医薬品情報管理業務は、医薬品の各種情報(緊急安全性情報・医薬品等安全性情報・添付文書改訂情報等)を収集し、他の医療スタッフや患者さんへ情報提供したり、医薬品に対する質疑のお答したりする業務です。緊急安全性情報などは、文書にて医師へ速やかに伝達します。又、薬事小委員会にて新規採用医薬品の情報提供・医薬品に関する重要な連絡等も文書にて行っています。

医薬品の管理

1.品質管理

医薬品の品質管理を確保するには、種々の条件があります。
(1) 光により薬効に変化のある薬品は遮光袋に入れて払い出し、病棟では遮光棚に保管
(2)保冷薬品は冷蔵庫・保冷庫へ保管(2~10℃)、病棟・外来より薬品請求があった場合は、薬局より直接病棟の冷蔵庫へ保管
(3) 有効期限については2カ月に一度院内の全医薬品についてチェック(保管状態のチェックも含む)

2.在庫管理

医薬品の払い出しには、各病棟への患者さん個人別セットの払い出し、各病棟・外来・透析室・手術室等への薬品請求による払い出しがあります。毎日の払い出しに欠品をおこさない様定数を決めて、又日々の医薬品の使用量を見て十分に在庫していますが、特別な医薬品については請求があってから発注することもあります。又、麻薬・毒薬・特定生物由来製剤等は帳簿による管理を行っています。一日の業務の終了後、全医薬品について在庫チェックを行い、翌日分の発注をします。

在庫管理

院内製剤

医薬品メーカーが製造・販売していない医薬品については、薬剤科にて一部調製しています。

  • ・アロプリノール含嗽液(癌化学療法による口内炎の予防及び治療)
  • ・1%γ-BHC軟膏(疥癬)
  • ・リバボチ軟膏(褥瘡、皮膚潰瘍)
  • ・FOY軟膏(人工肛門のびらん、腸瘻)
  • ・メチレンブルー液(淋菌染色)
  • ・10%ホルマリン液(組織固定・保存)
  • ・吸入薬(2種・3種、術後等)
  • ・各種消毒薬

院内委員会活動

  • ・薬事委員会
  • ・リスクマネジメント委員会
  • ・マニュアル・機能評価委員会
  • ・感染対策・輸血療法委員会
  • ・褥瘡・NST委員会
  • ・クリニカルパス委員会
  • ・IT委員会
  • ・教育・接遇質改善委員会
  • ・給食委員会
PAGE TOP