医療法人社団善衆会
善衆会病院 看護部
TEL 027-261-5410
〒379-2115 群馬県前橋市笂井町54番地1

理念・基本方針
IDEA, BASIC POLICY

理念

チーム医療の中で、最善の看護を提供する

 患者さんの意思を尊重し、ひとり一人にあった質の高い医療を提供するためには、専門職がそれぞれの立場で意見を出し合い、患者さんにとって最善の方法を検討することが必要です。チーム医療の中で24時間患者の側にいる看護師は、患者さんや家族の意向を一番良く知る存在です。 日頃から感性を養うことで、患者さんの状態の変化や心の変化に気づくことができると思います。豊かな感性を持ち、その人がその人らしく生きられるように支援することが生活の支援者である看護師の役割であるといえます。 また、看護部では、それぞれの看護職員がやりがいを持ち働き続けられることを目指して、職場環境の改善や教育体制の整備をおこなっています。

基本方針

  • 1. チーム医療における看護の専門性・独自性を追求し看護の価値を創造します。
  • 2. 豊かな感性、創造性を持ち、個々のニーズに沿った看護の提供をおこないます。
  • 3. 生涯学習を体系化し、教育体制を整備して看護職のキャリア開発を支援します。
  • 4. 看護職が働き続けられる魅力ある職場作りを行い、看護師の定着促進に努めます。

求める人材

  • 1. チーム医療の中でファシリテーションシップを発揮できる
  • 2. チャレンジ精神がある
  • 3. 人と人との関わりを大切にできる

看護部長メッセージ

 医療の機能の分化、連携強化が進む時代となり、看護に求められるニーズは年々変化しております。
 当院のスポーツ整形外科では、年間229件の膝前十字靭帯損傷術(全国7位、2015年)の実績があり、整形外科・泌尿器科・外科を合わせますと年間2,000件以上の手術をおこなっております。そのような環境の中、急性期では周手術期の看護、亜急性期ではリハビリと連携した社会復帰支援やMSWと連携した退院支援を行い、多職種と協働して患者さんの意思やニーズに合わせた医療提供体制を整えることが看護師の使命です。

3つのアプローチ

1

患者さんに対して

看護師には大きく分けて二つの役割があると考えています。一つ目は患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんが安心して治療に専念できる環境を整えることです。二つ目は多くの情報の中から状態やニーズを適切にアセスメントし、他職種につなげることです。

2

職員に対して

「働き続けられる職場」を目的に「働く環境を整える」ことに尽力しています。労働環境の改善はもちろんのこと、知識の向上をはかり看護にやりがいを見出せるように取り組んでいます。

3

地域に対して

2017年には当院の関連施設である"善衆会さくらクリニック"がオープンし、新たな取り組みとして在宅診療・訪問看護・訪問リハビリを提供していくことになりました。退院後の患者さんが安心して在宅に復帰できることを目標に、地域医療に貢献することを目指します。

 ここまででお示ししたように、チーム医療の中で、看護師としての役割を主体的に発揮し、常に新しいことにチャレンジし続けられる方を求めております。

 「整形外科の最先端」・「地域に密着した医療」の両方を経験できる病院です。チーム医療で地域に貢献したいという方は、是非一緒に働きませんか。

看護部長

看護部長 芳賀佐知子

PAGE TOP