医療法人社団善衆会
善衆会病院 看護部
TEL 027-261-5410
〒379-2115 群馬県前橋市笂井町54番地1

理念・基本方針
IDEA, BASIC POLICY

理念

チーム医療の中で、最善の看護を提供する

 患者さんの意思を尊重し、ひとり一人にあった質の高い医療を提供するためには、専門職がそれぞれの立場で意見を出し合い、患者さんにとって最善の方法を検討することが必要です。チーム医療の中で24時間患者の側にいる看護師は、患者さんや家族の意向を一番良く知る存在です。 日頃から感性を養うことで、患者さんの状態の変化や心の変化に気づくことができると思います。豊かな感性を持ち、その人がその人らしく生きられるように支援することが生活の支援者である看護師の役割であるといえます。 また、看護部では、それぞれの看護職員がやりがいを持ち働き続けられることを目指して、職場環境の改善や教育体制の整備をおこなっています。

基本方針

  • 1. チーム医療における看護の専門性・独自性を追求し看護の価値を創造します。
  • 2. 豊かな感性、創造性を持ち、個々のニーズに沿った看護の提供をおこないます。
  • 3. 生涯学習を体系化し、教育体制を整備して看護職のキャリア開発を支援します。
  • 4. 看護職が働き続けられる魅力ある職場作りを行い、看護師の定着促進に努めます。

求める人材

  • 1. チーム医療の中でファシリテーションシップを発揮できる
  • 2. チャレンジ精神がある
  • 3. 人と人との関わりを大切にできる

看護部長メッセージ

 私が看護師になった30数年前の医療現場は「医療は治療中心」でした。医師が患者の病状を診断、治療方針を決定し、看護師は治療指示に沿って薬を投与したり検査をしたりと指示を中心に仕事をしていました。少子高齢社会となり、平成26年の診療報酬改定で地域包括ケアシステムが推進され、これまでの治療中心から「治し支える医療」へと「支える」ことの重要性が示されました。病棟看護師は患者さんが退院した後も安心して生活できることを目標に計画的に看護することが必要です。加えて外来では慢性的な疾患と長く付き合うことを余儀なくされている方々の心理を知り、適切な治療の継続ができるようにすることや疾病の重症化の予防を視野に入れ看護することが必要です。
 「治し支える医療」の実現のためにはチームアプローチが重要で、様々な専門職が協働して支援していくことが求められます。「支える医療」の場ではチーム医療の中で看護師がファシリテーターとなり、患者さんに最善の医療を提供できるように取り組んでいます。

3つのアプローチ

1

患者さんに対して

看護師には大きく分けて二つの役割があると考えています。一つ目は患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんが安心して治療に専念できる環境を整えることです。二つ目は多くの情報の中から状態やニーズを適切にアセスメントし、他職種につなげることです。

2

職員に対して

「働き続けられる職場」を目的に「働く環境を整える」ことに尽力しています。労働環境の改善はもちろんのこと、知識の向上をはかり看護にやりがいを見出せるように取り組んでいます。

3

地域に対して

平成29年度には「リハビリ特化型デイサービス HARU」「訪問看護室」の2事業を開始致しました。在宅への復帰を見据えた機能訓練・在宅医療の提供と共に、訪問看護室は看取りにも対応し、地域の皆様の様々なニーズに対応できるよう法人全体で取り組んでおります。

 ここまででお示ししたように、チーム医療の中で、看護師としての役割を主体的に発揮し、常に新しいことにチャレンジし続けられる方を求めております。

 「整形外科の最先端」・「地域に密着した医療」の両方を経験できる病院です。チーム医療で地域に貢献したいという方は、是非一緒に働きませんか。

看護部長

看護部長 芳賀佐知子
(認定看護管理者)

PAGE TOP