医療法人社団善衆会
善衆会病院 看護部
TEL 027-261-5410
〒379-2115 群馬県前橋市笂井町54番地1

“助け合いの精神”で
仕事に取り組んでいる人が多い職場

病棟クラーク
松田亜由美

在の仕事内容

 大きく分けると「病棟窓口」「事務作業」「患者対応」の3種類の仕事をしています。

  • 病棟窓口:

    窓口の役割としてお見舞いの方や来客者の対応、他部署のスタッフや患者さんのご家族との電話対応とそれに伴う様々な調整も行います。

  • 事務作業:

    代表的なものとして書類確認・作成業務があります。患者さんからご依頼を受けた書類を主治医に依頼し、必要内容の記載確認をして患者さんにお渡しします。
    予定入院の準備や、薬品請求、レントゲンフィルムの整理、退院された患者さんのカルテ整理も行っています。また、看護師から依頼された書類のコピーや資料作り等も行います。

  • 患者対応:

    患者さんと直接関わる業務としては、患者さんの搬送や入院オリエンテーションがあります。
    病棟や病院内の案内をすることもあります。

りがいを感じる事

 仕事柄、たくさんの方と関わることの多い職種です。しかし、その分たくさんの方から「ありがとう」という言葉を頂くことができ、笑顔も見ることが出来ます。その瞬間、“この仕事をして良かった”という気持ちが湧きます。

 業務としては裏方作業が多いですが、スタッフから「クラークがいて助かっている」という言葉かけをして頂くと、更にやりがいを感じ、また日々の業務を頑張ろうという気持ちになれます。

事をする上で大切にしている事

 病棟の窓口としての役割もありますので、患者さんに安心して頂くためにも笑顔でいることを心掛けています。更に、言葉遣いや声色にも配慮しています。電話対応も多いので、顔が見えなくても患者さんやご家族に不安な思いをさせない様、正しい敬語を使う事はもちろん、気配りや声のトーンに関しても意識して対応しています。

衆会病院の良いところ

 スタッフが患者さんの為に志をもって働いていることです。また、親切な方が多い職場ですので“助け合いの精神”で仕事に取り組んでいる方が多く、より良い医療をチームで作っていこうという姿勢に繋がっていると思います。

 その事が仕事だけでなく人間関係にもいい影響を与えていて、実際に病棟内をはじめとして、職種や部署が異なっても良好な人間関係が築けています。

チーム医療:病棟クラーク
PAGE TOP